池辺雪子が解説する
現在とこれからの相場

プロの戦略が理解できる
池辺雪子の億の相場道

季刊「池辺雪子の億の相場道」では、すべてのトレーダーが押さえておきたい現在のチャート状況や、今後の相場における重要ポイントなどを、億を稼ぎ続けるトレーダーである池辺雪子が直接解説した動画レポートとしてお届けします。

この動画レポートは、池辺雪子が主催する投資スクール「池辺雪子の一億円投資家倶楽部」で毎月必ず行われる「Webセミナー」を元に、「大勢波動」とその分析方法をお伝えするものです。

池辺雪子が「現在進行系」で相場をどう見ているのか、チャートから「どうやって大きな利益を生み出すのか」をリアルタイムでお伝えしています。

株式投資家が当たり前のようにチェックしている『四季報』のようなものですね。年4回すべてを購読することで、四半期ごとのトレード戦略が立てられます。

この動画レポートを定期購読することで、億を稼ぐプロトレーダーの戦略をそのままトレードに活かすことができるでしょう。

「億」の利益を生み続ける
「大勢波動分析」

相場のトレンドの流れは、「長期>中期>短期」という力関係になっています。月足や週足、日足という「大きな流れ」の中で、小さな時間足のトレンドが上下しているのです。

短期的な相場の上下があったとしても、相場全体は中長期の「大きな流れ」に逆らわない動きとなります。その大きな流れのことを「大勢波動」と呼びます。

この大きな流れを把握できなければ、短期トレードでも勝ち続けることはできません。「大きな上昇トレンドの中の短期的な下落」なのか、「大きな下降トレンドに沿った中長期的な下落」なのか、というようなことが分からなければ、確実なトレードができないからです。

「短期トレードでは5分足や15分足しか見ない」という人や、「よく分からないから日足しか見ていない」という人は、それよりも大きなトレンドの動きについていけず、結果として含み損を抱えたりロスカットを繰り返したりしてしまうのです。

逆に言えば、大勢波動を判断することさえできれば、どんな時間軸のトレードでも適切なエントリーや利確のタイミングを掴むことができます。池辺雪子はこの大きな流れを把握することによって、ほほ全ての取引を指値で行い、ロスカットせず今までで約10億円の利益を生み出してきました。

そのため、池辺雪子は自身の生徒に「短期トレードの際も必ず月足(大きな流れ)から確認する」ことを繰り返し伝えています。大勢波動の重要性を何よりも把握してほしいため、毎月必ず動画セミナーを生徒に配信しているのです。

大きく伸びる利益を狙う
池辺雪子の熟練の相場分析

予想外の値動き
チャートから読み解く

新型コロナウイルスの問題で、昨年3月、日経平均は1万6,000円台にまで暴落しました。「問題が収束するまで、日経平均は低迷する」という主張をする評論家もいて、パニックになってしまった個人投資家も多いでしょう。

しかし実際には、まだ日本での感染者が増えつづけていた頃から相場は反発し、結果として日経平均は30年ぶりに30,000円台まで達しました。いい加減な経済予測が、相場分析においていかに役に立たないかということが分かりますね。

皆さんもまさか日経平均が3万円を超えるということは予想できていなかったのではないでしょうか?

しかし、池辺先生はチャートから、日経平均が1万6千円台になったときも、「大きな流れは上昇基調」であるということを、この相場道でお伝えしていました。この相場道を参考に日経平均を取引されていた方のなかには、大きい金額の利益を出された方もいるかと思います。

大勢波動をしっかり把握しながら取引することによって、大きな利益を生み出す「お宝ポジション」を見つけることができるようになるのです。それは日経平均の取引だけではなく、為替の取引に関しても同様です。

今回も注目の複数の通貨や、日経平均について、池辺先生に大勢波動を解説していただいています。


この相場道であなたが学べるもの

・今まで10億円以上の利益を出してきた、池辺雪子の長期分析のヒミツを知ることができます。

・四半期ごとに何を気をつければ良いのか?その時の相場状況に対するトレード戦略を組むことができます。

・大きな利益を生み出すための、中長期の相場分析技術を学べます。



先生の大勢波動分析で、「日経平均で大きな値動きの利益を取れました!」「大きな流れが分かり、トレードがとってもしやすいです!」といったお客様の声をいただいています。

池辺雪子が主催する
投資スクールとの違い

池辺雪子の億の相場道では、「ドル円、ポンド円、ユーロ円、日経225」等、主要通貨に絞って、「現在のテクニカルの動き」について池辺雪子自らが動画レポートで解説します。

四半期ごとに最新のチャート分析をお届けするので、現在のご自身の中長期の相場分析と照らし合わせることが可能です。

※特定の通貨等の売買を推奨するものではなく、あくまでもテクニカル分析の方法論をまとめた教材です。

また、より詳しいテクニカルの使い方や池辺雪子のチャートの設定値など、じっくり勉強したいという方は、「池辺雪子の一億円投資家倶楽部」をぜひご検討ください。「FXとは何か?」というところから、複数のテクニカルを駆使したトレード術など、深いレベルで池辺雪子の成功の方法論を学べます。

すでに一億円投資家倶楽部の現役生徒の方には、より詳しい内容の「Webセミナー」を毎月提供しています。そのため、こちらの商品を購入する必要はありませんが、もちろん購入していただくことも可能です。

Webセミナーではなかなか取り上げないポンドやユーロについても解説するので、「もっと深くチャート分析を知りたい」という方はぜひ受講してください。

池辺雪子の「億の相場道」
お申し込み概要

億の相場道
《2021年春号》
解説の通貨等

・ドル円
・ポンド円
・ユーロ円
・日経225(くりっく株365)

※各通貨について大勢波動の分析の仕方今後の取引で意識したいテクニカルのポイントをお伝えします。

※お申込み時に入力いただいたメールアドレス宛に1時間前後の動画レポートのURLをお送りします。DVD等、現物でのお渡しはありませんのでご注意ください。

※収録時間や内容は相場状況に合わせているため、各号によって異なります。

※こちらのレポートは、お使いの端末にダウンロードも可能です。私的範囲の視聴に問題はありませんが、第三者への配布やインターネットへのアップロードはお止めください。

※動画セミナーで使うチャートは東京金融取引所が運営する「くりっく365」、「くりっく株365」のチャートを使います。店頭取引のFX会社の価格と、解説する価格が若干異なることもあります。予めご了承ください。


《億の相場道》
発行スケジュール

『2021年 新春号』
発行期間:2020年12月15日 ~ 2021年2月末

『2021年 春号』
発行期間:2021年3月15日 ~ 2020年5月末

『2021年 夏号』
発行期間:2021年6月15日 ~ 2020年8月末

『2021年 秋号』
発行期間:2021年9月15日 ~ 2020年11月末


※上記発行スケジュールはあくまでも予定です。
※発行期間が終了したものは、販売停止となります。ご注意ください。

※各号、発行月の月末まで限定で、定期購読9,800円(税込)で定期自動決済の受付をいたします。

※発行月の翌月より、11,000円(税込)での各号販売となり、都度決済のみとなります。

※定期購読を止めたい場合は、次号の販売までに事務局までご連絡ください。



お申し込み詳細

確認事項 こちらの商品は特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。
あくまでもテクニカル分析の方法論をまとめた動画教材です。
そのため、個別通貨の売買タイミング等はお伝えいたしません。
お支払い方法 クレジットカード(一括のみ)
銀行振込(一括のみ)
商品提供日 「春号」2021年3月15日(月)~

※営業日内で入金確認後、メールで動画ページをお送りします。
※休業日前後は提供まで少々お時間をいただきます。
※すでに契約中の方は、配信日にメールでコンテンツをお届けします。
価格 各号買い切り価格¥11,000(税込)
販売会社
お問い合わせ
株式会社りあらぼ 池辺雪子運営事務局
メール:info[@]ikebe.tv
TEL:044-272-5305(平日10時~19時、土日祝休み)
※お電話の際は「池辺雪子の億の相場道について」とお伝えください
定期購読の解約もすぐに行えます。
お申し込みはこちら ⇒
  

よくいただいている
お問い合わせ

商品はどのように送られてきますか?
動画講義のURLをご登録のメールアドレスにお送りいたします。
動画閲覧にはパスワードをつけております。
メール記載のパスワードを入力して閲覧してください。

また、動画のダウンロードも可能です。
しかし、第三者への譲渡、インターネットへのアップロードは固く禁じます。
短期トレードにも有用な内容ですか?
もちろん短期トレードも含めて全てのトレードスタイルで有用な情報です。
環境認識とも言いますが、短期トレードに欠かせない、
大きな時間軸の状況を判断するためのチャート分析をお伝えします。
バックナンバーの販売予定はありますか?
今のところ予定しておりません。
「億の相場道」は、あくまでも直近の相場解説のため、
販売期間の終了後に再販する可能性は極めて低いです。
銀行振込は可能ですか?
今のところクレジットカードのみとさせていただいております。
ただ、お支払い方法についてご相談等ありましたら、お問い合わせください。